CSR活動の考え方

富士機工は、企業活動を通じ、地球・社会の持続可能な発展に貢献します。

環境方針

環境基本方針
「自主的・積極的に環境活動を推進し、
  持続可能な社会づくりに貢献します」
環境行動宣言
「私たちは、かけがえのない地球のために
  持続可能な社会づくりに貢献します」
  1. 1. 事業活動を通じて、CO2削減に取り組みます。
  2. 2. 循環型モノづくりを追求し、資源の有効活用に取り組みます。
  3. 3. 化学物質による人や環境への影響を減らします。
  4. 4. 自然環境や陸海生物多様性への配慮とその保全に努めます。
  5. 5. 地域社会とのコミュニケーションを深め、協力して環境課題へ取り組みます。

2021年4月1日

富士機工株式会社 代表取締役社長  大村 秀一

適用範囲

本社・テクニカルセンター(鷲津事業所)
静岡県湖西市鷲津2028番地
新居工場
静岡県湖西市新居町内山1558番地
新居工場 工務部 日程管理課 洗浄係
静岡県湖西市鷲津2028番地(鷲津事業所内)
静岡県湖西市新居中之郷1429番地(入出倉庫)
本庄工場
埼玉県本庄市いまい台2丁目7番地
富士機工オートテック東海株式会社
愛知県蒲郡市浜町26番地
ISO14001

初回登録:2001年8月7日
更新登録:2019年8月7日

中期経営方針(環境)

製品技術開発
環境配慮型の製品工法の開発設計
低炭素社会の構築
材料、部品調達から設計、製造、廃棄に至るライフサイクルでのCO2排出の削減
循環型社会の構築
生産段階での排出物の極小化と再資源の拡大
環境保全体制の構築
化学物質管理の徹底、環境負荷物質の低減と地域環境の維持・改善とコミニケーション構築
環境マネジメント
環境汚染・事故の未然防止と社会的課題や利害関係者の期待に沿った環境マネジメントの確立

環境マネジメント委員会の設置

地球温暖化・環境負荷物質問題は全世界的な取組み

→ 事業者の責務として事業存続上、無視できない問題

  • ① 環境面における当社の社会的責任(CSR)の達成
  • ② 環境を切り口とした業務改善を通じ、当社の体質を強化する
以上を目的に、環境マネジメントの全社的な推進を行います。

環境マネジメント委員会の組織図

第三者検証:JARI
(日本自動車研究所)
環境管理責任者 環境担当役員

 

環境報告書

富士機工の環境への取り組みについて、詳しくまとめた報告書を、PDFでご覧いただけます。

※環境報告書は日本語版のみ制作し、また冊子を発行しておりません。ご了承願います。

環境レポート(2020年度) PDFダウンロード

仕入れ先様への責任

基本方針

当社の調達に関する基本方針は以下のとおりです。

1. 相互信頼による相互発展

当社はサプライヤーと、共存共栄の考えで、さまざまな活動を通じて相互に発展を図っていきたいと考えています。そのためには、双方の親密なコミュニケーションを促進して、信頼関係を築くことが重要であると考えています。

2. オープンで公正な競争

当社とのお取引を希望される方々に対して、国籍・企業規模・これまでの取引実績の有無を問わず、オープンで公正な取引の機会を提供しています。

サプライヤーの選定にあたっては、品質・技術・コスト・納期に加え、安定性・改善に取り組む姿勢等、さまざまな視点から総合的に勘案しています。

3. グリーン調達の推進

当社は環境に配慮した企業から、環境にやさしい部品・原材料・資材の調達をこころがけ、サプライヤーと連携した環境保全の向上をめざしています。

4. グローバル調達の推進

当社はワールドワイドサプライヤーをめざすとともに、良き企業市民として豊かな社会づくりに貢献していきたいと考えています。そのため企業活動の場を広く世界に求め、地元の企業として現地化に積極的に取り組んでいます。

5. 法の遵守

調達活動にあたっては、関連する法規を遵守しています。

お取引を通じて知り得た機密情報の取扱についても十分な注意を払っています。

グリーン調達

地球環境問題の深刻化にともない、循環型社会の構築に向けた取り組みが重要となってきており、その中でも環境負荷の少ない製品やサービスを優先的に調達するグリーン調達は、循環型社会構築の有効な方策の一つとして、広く社会に浸透してきています。富士機工として、グリーン調達の取り組みを進めてまいりますので、ご理解とご協力をいただきますように、よろしくお願い申し上げます。